キューピーコーワゴールドαプラスにはこんな副作用の可能性がある!

キューピーコーワゴールドαプラスは人気がある栄養補給剤ですが、副作用があるのでしょうか?

公式ホームページによると、発疹や発赤、痒み、悪心、嘔吐、下痢などの可能性が書かれています。
では成分から副作用の可能性を見ていきましょう。

2016y08m28d_144045829

キューピーコーワゴールドαプラスに含まれているのはビタミン類が多いです。

ビタミン類は大量に摂取しても副作用が出ることが少なく、また、余分な分は体外に排泄されます。

ちなみににんにく注射も同様ですが、にんにく注射にはビタミン類がたくさん含まれていて、こちらは副作用がないと明記されています。

それと同様に考えて問題はないでしょう。
次にカフェインによる副作用です。

1錠に25mg のカフェインが含まれていて、これはコーヒーに換算すると4分の1カップ程度なのでそれほど多くはありません。

ただし、カフェイン自体受け付けないという方もたまにいらっしゃいますね。

その場合不眠や頭痛などが起こる可能性があります。

またカフェインは大量に摂取すると気分が悪くなったり、最悪の場合死に至ることもあるので、もちろん推奨されている以上に大量に飲むことは絶対にやめた方が良いです。
次にアルギニン酸の副作用です。

アルギニン酸は精力剤などに配合されていることがよくあります。

アミノ酸の一種で、タンパク質を多く含む食品にも含まれています。

アルギニン酸を過剰に摂取することで、下痢の副作用が出る可能性があります。

また、もともと肝機能や腎機能が低下している方はアルギニン酸を大量に摂取すると、生命の危険もあります。

ただしこれは1日に400mgから500mg と大量に摂取した場合です。

キューピーコーワゴールドαプラスに含まれているアルギニン酸は、1錠につき50mg と全然多くありませんなので、こちらの副作用が出る可能性は少ないと思われます。

ただし、もともとアレルギー体質だったり、腎臓や肝臓が極端に弱ってる方は気をつけた方が良いかもしれません。
次に生薬が原因で起こる副作用です。

生薬も急激な作用が出にくいといわれていますが、体質に合わないときにじんましんやかゆみなどが出る可能性もあります。

このような症状が出た場合はすぐに飲むのは中止してください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*